【阿比留瑠比の極言御免】常識通じぬ中国の宣伝工作、それを「当然だ」と鵜呑みにする元首相 (1/2ページ)

2014.06.11

 安倍晋三首相が5月30日にシンガポールで開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ対話)で、中国軍関係者から靖国神社参拝を批判する質問を受けた際、「法の支配の順守」と「平和国家、日本」を強調して会場から拍手が巻き起こったことは、膨張する中国を世界がどう見ているかを強く示唆している。

 やりとりをおさらいすると、次のようなものだ。

 中国軍関係者「歴史に関する視点を聞きたい。首相は靖国に参拝したが、日本軍に殺された何百万人もの中国、韓国人の魂にはどんな姿勢を表明するのか」

 安倍首相「国のために戦った方に手を合わせ、ご冥福を祈るのは世界のリーダーの共通の姿勢だ。法を順守する日本をつくっていくことに誇りを感じている。ひたすら平和国家としての歩みを進めてきたし、これからも歩みを進めていく」

 会議で日本の過去を糾弾することで優位に立とうとした中国のもくろみは破れ、各国からはしごを外された形だ。

 「中国は、マニュアル通りに日本を批判するから場違いになってしまう。日本が『海における法の支配を守ろう』と言っているときに、70年前のことを持ち出しても『何を言っているんだ』となる。私も拍手が起こるとは思わなかったが」

 安倍首相は帰国後、周囲にこう指摘した。旧日本軍を無理やりナチスに重ね、安倍首相を危険な軍国主義者だと喧(けん)伝(でん)(けんでん)してきた中国の宣伝工作は、東シナ海や南シナ海での領土的野心をむき出しにした中国自身の言動によって効果が薄らいでいるのである。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!