“大号泣会見”野々村竜太郎氏の評判 先輩議員と対立、脅迫めいたメールを… (1/3ページ)

2014.07.03


日本政治史に残る号泣記者会見で全国区となった野々村氏。ニックネームは「ののちゃん県議」だ【拡大】

 1年間に計195回の日帰り出張をしたとして、政務活動費から交通費約300万円を支出していたことが明らかになった兵庫県議の野々村竜太郎議員(47)。不自然な支出についての釈明会見で、号泣しながら潔白を訴える姿がテレビ報道され、一躍「時の人」となった。尋常ではない泣きっぷりを全国発信した野々村氏とはどんな人物なのか。

 野々村氏は2013年度に政務活動費から切符代として約300万円を支出していたと収支報告していた。目的地は兵庫県豊岡市のJR城崎温泉駅に106回、同県佐用町に62回、福岡市に16回、東京都に11回。議会登庁日を除くと、毎日のように日帰り出張していた計算になる。

 ただ、収支報告書には領収書や活動内容の記載はなく、11、12年度分にも計約500万円の同様の支出があったという。

 地元紙の報道を受けて神戸市で1日開いた会見では、報道陣に「平常心を持って質問してほしい」と牽制したうえで、「精力的な議員活動の結果。嘘はない」と明言。訪問先については「公表しないという前提で政策教授や意見交換をしてもらっている」と説明を拒否。政務活動費についても「議員という大きなくくりの中ではごくごく小さいもの」と開き直ってみせた。

 当初は報道陣の質問をかわしていた野々村氏だったが、会見は3時間にもおよび、厳しさを増す報道陣の質問に答えに詰まるようになった。

 そして突然、「この日本…世の中を変えたい!」「高齢化問題はわが県のみならず、日本人の問題じゃないですか!?」などと泣きわめきながら、質問した記者を名指しし「あなたにはわからないでしょうね」と涙をぬぐった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!