小泉・細川氏にすり寄る“鳩菅” 存在感アピールへワラにもすがる?

2014.07.19


細川氏(左)と小泉氏接近を図るもう一組の元首相コンビが…【拡大】

 「原発ゼロ」を主張する細川護煕、小泉純一郎、鳩山由紀夫、菅直人の元首相4人が18日、東京都内の講演会で一堂に会した。しかし、細川、小泉両氏から敬遠されている鳩山、菅両氏は首相経験者であるにもかかわらず「一般参加者」として登場。存在感をアピールするため、なりふり構わない姿に会場からは失笑が漏れた。

 講演会は、細川、小泉両氏の「自然エネルギー推進会議」が主催、自然エネルギー推進派のエイモリー・ロビンス氏が講師に招かれた。

 今年2月の東京都知事選に細川氏が立候補した際には、小泉氏が全面支援したが、同じ「原発ゼロ」を目指す鳩山、菅両氏が細川氏の街宣カーに登って演説することはなった。細川氏らが民主党政権時代の負のイメージを嫌ったためとみられ、菅氏は「妨げにならないよう、勝手連的に応援したい」と都内を飛び回るしかなかった。

 細川氏は東京都知事選に落選。もはや“落ち目”とも言える「細川・小泉」タッグだが、2人以上に存在感が薄い鳩山、菅氏にとっては、わらにもすがる思いで18日の講演会に参加したようだ。ところが、会場で4人は「時候のあいさつ」(推進会議関係者)を交わしただけ。かつてお互いに批判しあった鳩山、菅両氏が仲良く隣に着席している姿だけが目立った。

 それでも菅氏は意気軒高。自身のツイッターで「自然エネルギーで必要なエネルギーは十分供給でき、そのリーダー役を日本に期待するという、ポジティブな話だった」と感想を述べた。鳩山氏は冷遇を嘆いてか、ツイッターで講演会に触れることはなかった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。