【自民党派閥研究】麻生派(為公会)・二階派(志帥会)・石原派(近未来政治研究会) 再登板目指す麻生氏、もう1ポストほしい (2/2ページ)

2014.08.24


麻生氏(左)と、二階氏は、内閣改造・党役員人事でどう動く【拡大】

 二階派では現在、拉致問題で脚光を浴びる古屋圭司国家公安委員長が入閣しており、続投を狙う。加えて、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉で、党対策委員長として辣腕(らつわん)を振るった西川公也元内閣府副大臣(5回、栃木2区)、江崎鉄麿元国交副大臣(5回、愛知10区)らが、もう1ポストをうかがう。

 石原伸晃環境相率いる近未来政治研究会(15人)では、東大時代に、安倍晋三首相の家庭教師を務め、警察官僚OBでもある当選6回、平沢勝栄政調会長代理(東京17区)が初入閣待望組だ。 (ジャーナリスト・田村建雄)=おわり

 

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。