【編集局から】石破「家康」に対する安倍「秀吉」

2014.08.27

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」は、豊臣秀吉と徳川家康の権力闘争が佳境に入っています。

 24日の放送では、秀吉が実母を人質に差し出し、家康に上洛して、忠誠を誓うよう迫りました。権力を維持するためには肉親すら犠牲にしなければならない。秀吉は「こうでもせねば、家康はこのワシには従わぬ」とうめきました。

 内閣改造・自民党役員人事を来月3日に控え、安倍晋三首相も秀吉と同じような心境にあるのではないでしょうか。

 安倍首相にとって、自民党の石破茂幹事長は、家康のような存在かもしれません。来年9月の総裁選を考えれば、選挙とカネを握る幹事長ポストに石破氏を置いておくのは危険です。

 安倍首相は思案して、石破氏に安全保障法制担当相への就任を打診しましたが、石破氏は固辞する構えです。石破「家康」に対する安倍「秀吉」の次なる一手に注目が集まります。

 石破氏の希望通り、幹事長ポストに留任させるのか。事実上の石破派である「無派閥連絡会」の入閣待望組を厚遇するのか。はたまた…。

 自民党政局「秋の陣」も間もなく佳境です。 (S)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。