安倍首相の経済指南役・浜田宏一氏「増税1年延期を」 相次ぐ増税反対論 (1/2ページ)

2014.09.09


消費再増税に強い懸念を示した浜田内閣官房参与【拡大】

 消費再増税の凍結待ったなしだ。安倍晋三首相の経済の指南役で内閣官房参与の浜田宏一米エール大名誉教授が、来年10月に予定されている消費税率10%への再増税について、1年間の延期を検討すべきだとの考えを示した。7〜9月期の成長率予測の下方修正が相次ぐなか、ブレーンからも再増税に反対する声が相次いでいる。

 浜田氏は日銀の大胆な金融緩和やインフレ目標などアベノミクスの骨格となる経済政策を提言していた。

 4月の8%への引き上げにも懸念を示していた浜田氏は、8日の共同通信のインタビューで、4月の増税後の景気認識について「消費税(増税)の推進派はあまり影響がないと言っていたが、嘘だということが分かった。駆け込み需要後の反動がある。増税(の負担増)は消費者の一生を通じて影響があり深刻だと(私は)言っていた。それが(景気に)表れている」と増税の悪影響を強調した。

 さらに、消費税率10%への再増税について、「7〜9月期の経済指標を見て考えるのが正しい。(4月の)増税の影響が夏以降も続き、消費の回復が遅ければ(再増税は)1年間遅らせる。一度に2%上げるのではなく、来年10月に1%、17年4月にさらに1%上げるという方法もある」と具体的な提言を行った。

 安倍首相は11月に発表される7〜9月期の国内総生産(GDP)成長率などの数値を見極めて、年内にも再増税するかどうか決断する見通しだが、その経済指標に懸念が強まっている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。