政界からも「朝日批判」大合唱 安倍首相「日本の名誉傷つけられた」

2014.09.12


朝日報道の悪影響を指摘した安倍首相【拡大】

 慰安婦問題や東電福島第1原発事故の「吉田調書」をめぐる誤報を認めた朝日新聞に対し、政界から批判が相次いだ。

 安倍晋三首相は11日、ニッポン放送の番組で慰安婦誤報について、「多くの人が苦しみ、国際社会で日本の名誉が傷つけられたことは事実」と指摘し、一般論と断りながらも「報道は国内外に大きな影響を与え、わが国の名誉を傷つけることがある」と語った。石破茂地方創生担当相も同日のBS日テレの番組で「吉田調書」報道について、「(記者は)どれほどの国語能力を持っていたのか」と痛烈に皮肉った。朝日の木村伊量社長が11日夜の記者会見で「読者の皆様におわびする」と発言したことについても「名誉を傷つけられた人、日本国の尊厳、国際社会に与えた影響。社の姿勢は読者にだけ向けられたものなのか」と疑問を呈した。

 民主党の海江田万里代表も慰安婦報道について、「事実と違うことを大々的に報道したのだから、当然ながら日韓関係に与えた影響もある。正確な報道に努めてほしい」と述べた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。