小渕氏、問題続々発覚 今度は売却した建物に母が住み続け家賃滞納か (1/2ページ)

2014.10.23


小渕優子前経産相【拡大】

 小渕優子前経産相(40)をめぐる不透明収支問題が拡大の一途だ。小渕氏を公職選挙法違反罪などで東京地検に告発した群馬県の市民団体「市民オンブズマン群馬」(小川賢代表)が23日、政治資金規正法違反の疑いで、小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の折田謙一郎町長(66)に対する告発状を東京地検に郵送で提出した。一連のカネの流れを知るキーマンに司直の手が伸びようとしている。

 告発状によると、折田氏は、東京・明治座での観劇会の収支が合わずに問題となった、政治団体「小渕優子後援会」と「自民党群馬県ふるさと振興支部」の2010〜11年の政治資金収支報告書を作成、提出したとされる。

 折田氏は小渕氏の父・恵三元首相の時代から2代にわたり秘書を務めていた。小渕氏が辞任した20日、折田氏は「小渕氏は何も知らない。問題の収支報告書は私が作成した」として町議会に辞表を提出。その後、自宅に戻らず町職員らも連絡が取れなくなり、インターネット上などで「行方不明」として騒動になった。折田氏の夫人は22日、夕刊フジの取材に「連絡が取れないわけではない」「中之条町にはいない」と説明。町によると、折田氏は町議会議長とは連絡を取り合っているという。24日に町議会の臨時会で同意を得て辞職する見通し。

 一方、小渕氏が一部相続した東京都内の土地建物に関し、小渕氏が理事を務めた公益財団法人が今年3月に購入後も、小渕氏の母親が住み続けていたことが23日、登記簿や関係者の話で分かった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。