韓国、日中首脳会談決定に歯ぎしり 室谷克実氏「焦って工作始める」 (1/2ページ)

2014.11.08

 安倍晋三首相と中国の習近平国家主席が、来週10、11日に北京で開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議に合わせ、首脳会談を行うことが決まった。日中両国の接近は、安倍首相との首脳会談を拒み続ける朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国を歯ぎしりさせそうだ。

 「日本側も中国側も、首脳会談が行われたほうが両国にとってより有益であり、地域の平和と安定に資すると考えていることは間違いない」

 安倍首相は7日夜のBSフジ「プライムニュース」で、日中首脳会談についてこう語っていた。

 日中首脳による2国間会談は、2012年5月に当時の野田佳彦首相と温家宝首相が行って以来約2年半ぶりで、国家主席との会談は約3年ぶり。第2次安倍政権発足から初めて。

 首脳会談をめぐっては、中国側が尖閣問題と靖国神社参拝で日本側の譲歩を強く要求していたが、安倍首相は無条件での会談開催を貫いた。最終的に、APEC議長国として会議を成功させたい中国側が折れてきた。

 これで、厳しい立場に立たされたのが、中国にすり寄って反日外交を続け、日韓首脳会談を拒否し続けている韓国だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。