韓国、日中首脳会談決定に歯ぎしり 室谷克実氏「焦って工作始める」 (2/2ページ)

2014.11.08

 安倍首相は前出のBS番組で「(朴大統領とは、APECの)マルチ(多国間)の場を通じ、自然な形でお目にかかれればいいと思っている」と語ったが、日本政府としては、韓国側が頭を冷やすまで「放っておく」(高官)姿勢なのだ。

 新著『ディス・イズ・コリア』(産経新聞出版)がベストセラーとなっているジャーナリストの室谷克実氏は「当然、韓国は焦るだろう。日中首脳会談の前に中韓首脳会談を頼むなど、工作を始めるのではないか」といい、こう続ける。

 「米国は韓国に対して『いい加減にしろ』『日韓首脳会談をやれ』というスタンスだが、日中首脳会談が実現することで、さらに要求を強める。ただ、朴大統領がかたくななうえ、島根県・竹島で計画していた避難施設建設を中止したことで国内で弱腰批判を受けている。日韓首脳会談は難しいが、周囲をキョロキョロ見て動く主体性のない国だから、今後どうするか注目だ」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。