12月14日投開票有力 オンナ34人戦い当落予測 民主・辻元清美氏は? (1/3ページ)

2014.11.14


※◯は「当確」、△は「やや優勢」、▼は「苦戦」。選挙区での勝敗のみを予測し、比例復活は考慮していない。女性衆院議員39人のうち、2012年衆院選の比例単独立候補者を除く34人について掲載【拡大】

 来週にも断行される見通しの衆院解散に向け、永田町は日ごとに慌ただしさを増している。選挙日程について自民、公明与党は「12月2日公示−14日投開票」が有力と見て、本格的な準備に入った。安倍晋三政権は、成長戦略の柱として「女性の活躍推進」を掲げてきたが、与野党の女性議員たちの戦いぶりはどうなのか。政治評論家の小林吉弥氏が「女の戦い」の行方を大胆予測した。 

 注目の予測結果は別表の通り。現職の女性衆院議員39人のうち、2012年の衆院選に比例単独で立候補した5人を除く34人を対象とし、比例復活は考慮せず、選挙区の勝敗に特化して分析した。

 与野党を問わず「苦戦」の議員が目立つなか、小林氏が「当確」の太鼓判を押したのが、いずれも自民党の中川郁子氏(北海道11区)と、小池百合子氏(東京10区)、稲田朋美氏(福井1区)、野田聖子氏(岐阜1区)の4人だ。

 「中川氏は、夫である故・中川昭一元財務相が築いた基盤がしっかり生きており、仮に野党が統一候補を立てても逃げ切るだろう。小池、野田両氏も地盤が非常に堅固だ。稲田氏は、行革担当相、党政調会長を歴任した活躍が地元でも評価されており、さらに票を伸ばす可能性がある」

 これに対し、「苦戦」と判定された自民党女性議員は、相手候補が野党第1党・民主党の大物であるケースが多い。

 菅野佐智子氏(福島3区)は玄葉光一郎前外相、大久保三代氏(宮城5区)は安住淳元財務相、高橋比奈子氏(岩手1区)は階猛副幹事長が対抗馬だ。

 「菅野、大久保、高橋各氏は、民主党への大逆風が吹いた12年の衆院選でさえ、比例復活に甘んじた。今回も民主党の大物に安定感がある」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。