「安倍チルドレン」50人落選危機 1年生119人に逆風…自民勝敗大きく左右 (1/3ページ)

2014.11.18


選挙必勝塾であいさつする谷垣幹事長。安倍チルドレンも待ったなしだ【拡大】

 安倍晋三首相は17日夕、一連の外国訪問日程を終えて帰国する。同日朝に発表された7〜9月のGDP(国内総生産)速報値が年率換算1・6%減と衝撃的数字だったことを受け、消費税率10%への引き上げの先送りと、年内の衆院解散・総選挙を最終判断する。18日午後に記者会見して発表する方針だが、与野党激突となる「師走選挙」のカギを握りそうなのが、2012年の前回衆院選で初当選した自民党の1年生議員119人だ。政権奪還の追い風を受けて当選した「安倍チルドレン」の中には、選挙基盤が弱い議員も多い。専門家は「30〜50人が落選危機」と分析し、最悪半減に迫る結果を予測した。

 衆院を解散する本会議は、地方の活力を引き出す地方創生関連法案の成立を待ち、19日から21日の間で開かれる方向で調整が進んでいる。

 こうしたなか、選挙戦の帰趨(きすう)を決めそうなのが、安倍チルドレンの勝敗だ。

 「選挙というのは、非常に楽に見えても、アッという間に逆風になることがある。努力を積み重ねて必死に訴えていくと、道が開けていくこともある。これは一人一人の気迫と気合だ」

 自民党の谷垣禎一幹事長は、年内選挙が確定的となった先週13日、1年生議員対象の「選挙必勝塾」の開催あいさつで、こうハッパをかけた。

 前回衆院選では、自民党から119人の新人議員が当選した。この中には、故中川昭一元財務相の妻、中川郁子氏(北海道11区)や、スピードスケート五輪銅メダリストの堀井学氏(北海道9区)、「元ミス日本関東代表」の金子恵美氏(新潟4区)、参院議員からくら替えした「ヤンキー先生」こと義家弘介氏(神奈川16区)らがおり、何と、全衆院議員の約25%近くに達する。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。