田母神氏激白「取り戻すべきは敗戦で壊された日本社会の構造」 太陽の党代表幹事 (1/2ページ)

2014.11.18


田母神氏は、衆院選でも大暴れしそうだ【拡大】

 12月総選挙が確定し、元航空幕僚長で「太陽の党」代表幹事の田母神俊雄氏(66)が動き出した。今年2月の東京都知事選で、61万票を超える都民の支持を集めた田母神氏は、夕刊フジの直撃に「大義のない解散だが、選挙になれば全力で戦う」と心境を激白。「国家防衛体制の強化」「新憲法の制定」などを訴えながら、都知事選にも登場した豪華応援団にも支援を依頼するという。

 「これから党の選挙戦略をまとめる。私自身は、(場所は決めていないが)比例区での出馬ということになるだろう」

 田母神氏は、確実視されてきた衆院解散・総選挙について、こう語った。

 今年2月の都知事選で、何の組織もなく61万865票を獲得し、人気の高さを見せつけた。同9月、「誇りある日本を取り戻す」として、西村眞悟衆院議員(66)を代表とする「太陽の党」を結党した。

 安倍晋三首相は今回、消費税率10%への再増税を2017年4月に先送りし、「国民に信を問う」という方針を固めたとされる。

 田母神氏も「私も消費税再増税には反対だ。デフレから完全に抜け出せていない現状で、再増税に踏み切れば景気は悪化する。仁徳天皇は人家のかまどから炊煙が立ち上っていないことに気づき、租税を3年間やめた。貧困にあえぐ人たちから、これ以上搾り取ってはダメ。日本古来の精神に反する」と語った。

 ただ、今回の解散劇には憤りを隠さない。

 田母神氏は「何のための解散なのか。多額の税金を使い、国民には何のプラスにもならない。大義のない選挙だ」と語気を強め、こう続けた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。