民主は大幅増 自公、絶対安定多数確保 政党別獲得議席予測 (1/3ページ)

2014.11.22


衆院選の政党別獲得議席予測【拡大】

 安倍晋三首相は21日午後、衆院解散を断行。消費税再増税の見送りや、アベノミクスの評価などを争点に、永田町は「12月2日公示−14日投開票」の総選挙に向けて一気に走り出した。政治評論家の小林吉弥氏による最新の政党別獲得議席予測では、自民、公明与党は勝敗ラインである絶対安定多数(266議席)は確保するが、解散前に比べると勢力は縮小し、最大で56議席を失う。野党は選挙区調整が進んでおり、海江田万里代表率いる民主党が議席を増やしそうな情勢だ。

 「決断の日」に臨む安倍首相は午前9時前、紺色のスーツに黄色のネクタイ姿で、官邸隣にある公邸を歩いて出た。霜月(しもつき)の青空を時折見上げながら官邸に入り、待ち構えていた報道陣に心境を問われると、一瞬だけ笑みを浮かべ、「はい、おはようございます」と右手を上げて応じた。

 菅義偉官房長官は閣議後の記者会見で「常に緊張感を持って対応したい」と強調した。

 一方、民主党の枝野幸男幹事長は日本外国特派員協会での講演で「大義が見いだせないままの解散だ」と述べ、安倍首相の判断をまた批判した。

 政権交代のチャンスであるはずの解散・総選挙に対し、野党が異議を唱えるという奇妙な構図の選挙になりそうだが、結果はどうなるのか。

 小林氏による議席予測は別表の通りだ。野党の候補者調整については、バッティングが予想されていた選挙区のうち5割程度で一本化が成功すると仮定した。28日に解党するみんなの党や、生活の党から移動があると予測されるため、民主党の議席数は幅を持たせた。

 与党では、山口那津男代表の公明党は現有議席をほぼ維持するものの、安倍首相が率いる自民党は27〜54議席減となった。小林氏はいう。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。