菅直人氏ら窮地! 辻元清美氏も… 浅川博忠氏が大物当落分析 (1/4ページ)

2014.11.26


スキャンダル・注目26人の選挙区勝敗予測【拡大】

 次期衆院選(12月2日公示−14日投開票)が激化してきた。安倍晋三首相が決断した消費税再増税の先送りや、アベノミクスの評価などについて「国民に信を問う」ことになる選挙では、スキャンダルや独特の存在感で注目される候補者たちにも審判が下される。政治評論家の浅川博忠氏が注目の26人について最新情勢を分析したところ、現職閣僚や大物、ベテランに落選危機が相次いだ。 

 今回の選挙で厳しい戦いを強いられそうなのが、「政治とカネ」にまつわる醜聞や女性問題、舌禍が炸裂した面々だ。夕刊フジでは、これに野党の離合集散などで注目された大物らを加えた計26人をピックアップし、前出の浅川氏に分析を依頼した。比例復活は考慮せず、小選挙区の勝敗に特化した。注目の結果は別表の通り。

 「閣僚ダブル辞任」の当事者となった女性2人は、明暗が分かれた。

 関連政治団体の不透明な支出が問題となった小渕優子前経産相(群馬5区)について、浅川氏は「票数こそ目減りするが、まだ安全圏内にいる。父親の小渕恵三元首相の地元での威光はいまだに強く、青木幹雄元参院議員会長のバックアップもある」とした。

 一方、「うちわ問題」が直撃した松島みどり前法相(東京14区)については、「落選もあり得る」といい、続けた。

 「松島氏はこれまでに6回出馬して2回落選している。当選した4回のうち1回は比例復活だ。小選挙区での勝率は実質5割と心許ない。そもそも、東大出身というキャラクターが下町の選挙区になじまない。そのうえ、逆風が吹いている朝日新聞出身というのもネックだ」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。