維新“橋下チルドレン”7割超が苦戦 「第3極ブーム」も冷え込み… 小林吉弥氏予測 (1/2ページ)

2014.11.27


維新の党・大阪系前職の選挙区勝敗予測【拡大】

 今回の衆院選(12月2日公示−14日投開票)では、維新の党の橋下徹共同代表(大阪市長)のもとで前回初当選した「橋下チルドレン」が苦境に立たされそうだ。「第三極」ブームはすっかり冷え込んでいるうえ、橋下氏の出馬断念によって、「風」も期待できなくなったからだ。政治評論家の小林吉弥氏が予測したところ、3段階評価で「当確」はゼロ、7割超が「苦戦」という衝撃の結果が出た。

 「今回は投票率が低くなるのではないかと危惧されていますし、また厳しい選挙になると思います。口コミ作戦、宜しくお願いします!」

 「浪速のエリカ様」こと、維新の上西小百合氏(大阪7区)は24日、自身のフェイスブックで切々と支援者に呼びかけた。前回の2012年衆院選で、上西氏は自民党候補には敗れたものの、民主党の藤村修官房長官(当時)に約1万7000票差もつけて2位に食い込み、比例近畿で初当選したが、今回は焦りを隠せないようだ。

 それもそのはず、共同通信の世論調査で「比例区の投票先」を聞いたところ、前回選挙直前は、維新が10・3%もあり、民主党(8・4%)も上回っていた。だが、先週19、20日の同様調査では、3・1%まで落ち込んでしまった。

 前回衆院選での旧日本維新の会の初当選者(元参院議員と旧太陽の党系を除く)は28人で、分党時に次世代の党入りするなどした者を除く20人が現在、維新に残っている。当落予測は、このうち26日午前までに次期衆院選の選挙区が決まっている18人を分析した。結果は別表の通りだ。

 チルドレンの中でも別格の存在感を示しているのが、松井一郎幹事長(大阪府知事)側近である、井上英孝氏(同1区)と、浦野靖人氏(同15区)、馬場伸幸氏(同17区)、遠藤敬氏(同18区)の4人だ。

 とりわけ、井上、浦野、馬場の3氏は、大阪維新の会結成時からのメンバーであり、13年夏の参院選で初当選した東徹氏(大阪選挙区)とともに「大阪系四天王」と呼ばれる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。