片山さつき氏「日本軍慰安婦歴史学校」開設計画の謀略阻止へ動く (1/2ページ)

2014.11.28


片山氏は、慰安婦像設置に続く、韓国系団体の謀略阻止に乗り出した【拡大】

 韓国系団体の新たな反日謀略が発覚した。米ニュージャージー州に来年1月、「日本軍慰安婦歴史学校」を開設して、高校生に一方的な主張を刷り込もうとしているのだ。この情報をいち早く入手した自民党の片山さつき参院議員は、詳細確認と謀略阻止に動き出した。

 「慰安婦問題では、朝日新聞が吉田清治氏の虚偽発言を認め、16本の記事を取り消しました。にもかかわらず、どうして(韓国系団体は)積極的にウソをばらまこうとするのでしょうか」

 片山氏はこう訝しむ。

 慰安婦歴史学校ができるのは、海外で初めて慰安婦の碑が設置された同州パリセーズ・パーク市で、韓国系団体「M」が経営する。州内の高校で30分の講義を2度行う「訪問歴史学校」と、3カ月ごとに6週間のコースを受ける正規課程があるという。

 片山氏は「米国には、日本のような教科書検定制度がなく、学校で教える内容には縛りがない。彼らはそれを利用して、(日本を貶める)国際的プロパガンダを展開する狙いとしか思えません。学校の設置・運営費用も含めて、単なる一組織でできるでしょうか?」といい、背景を疑う。

 確かに、授業料は無料で、講師陣には、慰安婦証言集の英訳・監修を行った牧師や歴史学教授、人権活動家などが参加。修了者には「日本軍慰安婦の専門家」の証明書が発行される予定という。

 許しがたい反日謀略に、日本はどう対応するのか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。