進次郎氏、アベノミクスに苦言! 民主にリップサービスも (1/2ページ)

2014.12.04


進次郎氏は、どこに行っても人気だ=2日、東京都立川市【拡大】

 自民党の小泉進次郎復興政務官(33)は衆院選公示日の2日、地元・神奈川県横須賀市での出陣式を終えると、同党候補の応援のため、東京と埼玉、千葉の3都県8選挙区、約300キロを駆け抜けた。先月の衆院解散時に万歳三唱をしないなど、有権者の感覚を大切にしている進次郎氏。応援演説ではアベノミクスへの“苦言”も飛び出した。

 「さっき、おじさんが『上を見ろ』と言ったら、月が出ていた。(候補者と自分に?)ツキがあるんですね」

 2日午後6時過ぎ、千葉県習志野市・JR津田沼駅南口ロータリー。進次郎氏が選挙カーの屋根に上がって、こうダジャレを言うと、1000人以上の聴衆がどっと沸いた。

 そして話題は、進次郎氏の十八番といえる「ご当地ネタ」に。

 「みなさん、ここ習志野の地名の由来を知っていますか? 軍の演習場だったこの地で、明治天皇が陸軍大演習をご覧になったとき、その指揮をしたのが篠原國幹(くにもと)少将でした。その指揮があまりにも素晴らしかったので、明治天皇が『篠原に習え』とおっしゃったことから(『見習篠原』が『見習志野原』になり)習志野になった。誇りを持っていいですよ!」(※習志野市のHPには『〜という説があります』と記されている)

 感心する聴衆に対し、進次郎氏はさらにプチネタを披露する。

 「みなさん、ここは日本のソーセージ発祥の地なんですよ。知っていましたか?」

 そして、ロータリーの向こうを指さして、こう言った。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。