【私はこれで投票する】「どこにも勝ってほしくない解散」は自公で絶対安定多数程度を確保 八幡和郎氏 (1/2ページ)

2014.12.11


八幡氏は、有権者の賢い投票策を説明した【拡大】

★(3)

 「どこにも勝ってほしくない解散」というのが、私のネーミングです。アベノミクスがうまくいっていないのに、信を問われても困ります。あれだけの議席を持っている与党は何でもできるのですから、責任を持って結果を出せばいい。国民の選択に失敗の責任を転嫁されても困ります。

 民主党は、何も政権時の反省と総括をしていないのですから、謹慎中のはずです。維新の党は、党のかたちをしっかりするのが先決です。

 公約もお粗末。自民党はアベノミクスの軌道修正のチャンスなのに、その気配なし。民主党の「厚く豊かな中間層復活」については、民主党政権では無策だったし、刷新された展望があるわけでありません。

 維新の「定数・歳費の削減徹底」や、公明党の「消費増税時に軽減税率」が悪いわけではないが、それが金看板というほどのことでない。小政党では、社民党のユートピア的な夢の世界が実現性無視で楽しい。

 それでは結果がどうなってほしいかといえば、与党にご褒美を上げたい状況ではない。かといって、野党はそもそも政権担当の準備はできていない。また、国会で法案を通すのに苦労する与野党伯仲では、何の改革も強力な経済対策もできないことになります。

 そうなれば、望ましい議席配分は、絶対安定多数(266議席)程度のものは自公与党で確保して、それを極端に超えないほうがよいといったあたりです。公明党の「与党内チェック機能」は維持してほしい。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。