与野党大物「落選危機リスト」 現職2閣僚、小沢氏に冷たい逆風 (1/2ページ)

2014.12.11


※表の見方。選挙区での情勢分析。■は「苦戦」。▼は「大接戦」(左側は政治評論家の浅川博忠氏、右側は夕刊フジ)。【拡大】

 12・14衆院選は終盤戦となり、全国の小選挙区の最新情勢が明らかになってきた。報道各社が「自民党優勢」という分析を出すなか、西川公也農水相や望月義夫環境相という現職閣僚に加え、民主党の海江田万里代表と枝野幸男幹事長、生活の党の小沢一郎代表ら、与野党の大物22人が崖っぷちの戦いを強いられている。政治評論家の浅川博忠氏と夕刊フジが、気になる現状に迫った。 

 「後世の歴史家が『2014年衆院選で政界は変わった』『1つの時代が終わった』という選挙になるかもしれない」

 浅川氏はこう語る。確かに、今回の「落選危機リスト」(別表)に掲載された面々には、永田町の一時代を築いた人物もいる。それほど、現代の戦(いくさ)である選挙は過酷だ。

 まず、安倍晋三首相率いる自民党では、親族企業への利益供与疑惑が取り沙汰された西川公也農水相や、後援会の政治資金収支報告書の虚偽記載問題が発覚した望月義夫環境相、「うちわ」問題が直撃した松島みどり前法相が、野党候補と「大接戦」を展開している。

 浅川氏は「自民党に追い風が吹くなか、3人は冷たい逆風にさらされている。本来、現職閣僚や前閣僚は強いが、スキャンダルを抱えるため、有権者に『一丁上がり』『もう二度と入閣はないだろう』といった印象を与えている」という。

 衆院選後に内閣改造があれば、西川、望月両氏は交代かもしれない。

 民主党からは、海江田代表を筆頭に、枝野幹事長や川端達夫国対委員長ら9人が「苦戦」「大接戦」と判定された。

 「海江田氏は比例復活がギリギリという現状だ。民主党の議席がやや増えたとしても『代表失格』の烙印(らくいん)を押されるのではないか。枝野氏は選挙態勢も整っていないのに、『私が安倍首相なら、この秋に(解散総選挙を)やる』と挑発して失敗した。幹事長の立場を分かっていない。民主党は3年3カ月の大失政を引きずり続けている。海江田、枝野両氏は、その象徴である菅直人元首相の公認を剥奪すべきだった」(浅川氏)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。