維新・小沢幹事長が辞任 当選確実な「特等席」に党内から批判の嵐

2014.12.17


小沢鋭仁国会議員団幹事長【拡大】

 維新の党の小沢鋭仁国会議員団幹事長は16日の役員会で、幹事長職の辞任を申し出た。今回の衆院選で比例近畿ブロックの単独1位で優遇されたことに対する、党内からの反発に配慮した。

 小沢氏は2012年衆院選には山梨1区から出馬したが、今回は「他党との交渉役として国政に残す」として比例単独に移った。山梨1区は自民、民主両党が競り合う激戦区で、当選は難しいとの判断からだ。

 ただ、維新の場合、近畿1位はほぼ当選確実な「特等席」であり、重複立候補者らは執行部に猛抗議していた。メディアにも「逃げ足はセウォル号の船長の如く」(「週刊新潮」)などと揶揄(やゆ)され、要職に居座るのは針のむしろだったようだ。

 江田憲司共同代表は「諸般の事情を総合的に判断されたと理解している」と述べ、申し出を認める考えを示した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。