民主代表選お粗末な空論、政権交代などおこがましい (1/2ページ)

2015.01.25

 民主党の岡田克也新代表は、「国民の皆さんから政権を担える政党だと思ってもらえるよう、公平公正かつ、しっかりとした戦いを安倍自民党とやっていく」と自民党との対決姿勢を示した。26日召集の通常国会で安倍晋三政権に論戦を挑む。

 今回の民主党代表選はポイント制で争われ、1回目の投票では細野豪志元幹事長が国会議員票と地方議員票を集めて298ポイントでトップに立った。岡田さんは党員・サポーター票は最多だったものの、294ポイントで僅差の2位だった。しかし、決選投票で長妻昭元厚生労働相陣営の国会議員の半数以上が支持に回った。

 2012年の自民党総裁選でも、1回目の投票では地方票を集めた石破茂さんがリードしたが、国会議員の決選投票の結果、安倍さんが逆転した。これに似た展開だった。この民主党代表選、05年以来の岡田さんの再登板も含め、すでにどこかで体験したようなデジャブを感じて面白くなかった。

 細野さんについて、政治的な能力があるのかどうか今回の議論を聞いている限りでは、私にはわからなかった。ただ、私が福島第1原発事故の数カ月後、当時、原発担当大臣だった細野さんから頼まれて“1人事故調”をやったとき、細野さんは毎週時間をとってくれて、私の話を真摯に聞いていた。学んでいこうという意欲があった。吸収する力もあると感じた。そういう意味で、私は細野さんが代表になったほうが民主党は変わると思っていた。

 しかし、細野さんには脇の甘い部分があったのも事実。立候補者3人が参加した討論会では、野党再編に積極的な細野さんが再編論を封印していたため、岡田さんが「昨年暮れの衆院解散直前に、細野さんから維新の党との合併を持ちかけられた」と暴露した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。