【政治デスクノート】民主党、存在感すら感じられない悲惨 春闘本格化 (1/3ページ)

2015.03.14


2月19日の衆院予算委員会で安倍晋三首相に「格差是正」を訴える民主党の岡田克也代表=衆院第1委員室(酒巻俊介撮影)【拡大】

 平成27年の春闘がまもなく佳境を迎えるが、昨年を上回る賃上げを実現させ、「経済の好循環」に結びつけられるかどうかが焦点だ。連合加盟の大手労働組合からは、前年実績を大きく上回る要求が次々と出ているだけに期待感も高まるが、春闘を見ていてつくづく不思議に思うのが民主党の存在感のなさだ。

 春闘は労組にとって1年で一番大きい生活改善のための闘いの場であるだけに、連合が最大の支持母体である民主党にとっても力の見せどころのはずである。ところが春闘に関する政治の動きといえば、目につくのは安倍晋三首相をはじめ安倍政権の閣僚らによるものが圧倒的だ。

 例えば、一昨年9月から労働界、経済界の代表らと「政労使会議」を開催して賃上げを要請し続けてきた首相は、今春闘に備えて昨年12月の衆院選直後に会議を開催し、賃上げに向けた「最大限の努力」を約束させる合意文書をまとめあげた。

 さらに、1月の衆院本会議でも「賃上げの流れを今年の春、来年の春、再来年の春と継続させ、経済の好循環を全国津々浦々に届ける」と強調するなど、「官製春闘」という言葉がすっかり定着するほどの熱の入れ方を見せている。

 もちろん、安倍政権がここまで賃上げにこだわるのには理由がある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。