橋下氏に国政転身論再浮上 「野党政局のキーマン」の声も 都構想住民投票一歩前進 (1/2ページ)

2015.03.20


橋下氏は国政に挑戦するのか【拡大】

 維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)の、国政転身が再びささやかれ始めた。大阪都構想の是非を問う住民投票の実施が確定し、「都構想完遂という実績を掲げて永田町に打って出る」(橋下氏周辺)というシナリオが一歩前進したからだ。ただ、住民の間で都構想への賛否は拮抗しているとされ、住民投票で敗れた場合、橋下氏の政界引退も現実味を帯びる。

 「ここまでよく来たが、これからだ。最後に住民の理解を得るところが一番重要だ」

 橋下氏は18日、市役所で記者団に住民投票への意気込みを語った。

 投票は大阪市民を対象に行われ、日程は「4月27日告示、5月17日投開票」となる見通しだ。過半数の賛成が得られれば、大阪市は2017年4月に5つの「特別区」に再編される。

 最終関門である住民投票にこぎつけたのは、都構想に反対だった公明党が“翻意”したためだ。複数の維新関係者によると、橋下氏と松井一郎顧問(大阪府知事)は、公明党の支持母体・創価学会の上層部に直談判し、住民投票実施への協力を求めたとされる。

 かつて橋下氏のブレーン役を務めていた政界関係者は「『橋下氏は旬を過ぎた』との観測もあるが、公明党を動かした手腕をみる限り、彼は依然として野党政局のキーマンだ」と評する。

 折に触れて取り沙汰されてきた橋下氏の国政転身論も再浮上してきた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。