鳩山元首相“貸し”作りのクリミア訪問か その見返りとは? (1/2ページ)

2015.03.24


鳩山氏のクリミア訪問には深謀遠慮があったのか(共同)【拡大】

 「宇宙人」こと鳩山由紀夫元首相のウクライナ訪問(3月10〜12日)と現地での発言が大きな話題となった。話題といっても、どれもこれも否定的なものばかりだった。

 週刊誌報道は「クリミア訪問『鳩山由紀夫元総理』への大ブーイング」(週刊新潮)、「鳩山由紀夫よ、宇宙に帰れ!」(週刊文春)といった具合だ。

 古巣である民主党の枝野幸男幹事長は「あの方は離党して2年、私どもとは一切関わりがありません」と突き放した。

 ましてや政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は、ロシアによるクリミア編入が民主的手続きにのっとったものとした鳩山発言について、「コメントする気にもならない」と憤激している。

 そもそもは、イラクやシリアの部族長に独自のパイプを有し、自らもクリミアを訪れたことがある新右翼「一水会」の木村三浩代表が鳩山氏側に持ちかけた話である。

 これは、ご本人も認めていることだ。ところが、事を複雑にしているのは、どうも他の要因が絡んでいることである。

 まず、木村氏の知己であるサプリン前ロシア札幌総領事の存在がある。

 鳩山元首相が帰途立ち寄ったモスクワで、プーチン大統領の側近、ナルイシキン下院議長と会談した際の通訳を、前総領事の息子が務めたのだ。

 そして、その息子はロシア外務省の通訳官で、実は、昨年11月の北京での安倍晋三首相とプーチン大統領のトップ会談の通訳でもあったというのである。

 ロシアは国を挙げて鳩山訪問を歓待したことになる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。