維新・上西議員、国会病欠直後にホワイトデー温泉旅行疑惑 橋下氏「辞職すべきだ」

2015.04.02


維新の党の上西小百合衆院議員【拡大】

 「浪速のエリカ様」こと、維新の党の上西小百合衆院議員(比例近畿ブロック)の進退が注目されている。体調不良を理由に衆院本会議を欠席した2日後に旅行していたもので、党最高顧問の橋下徹大阪市長は議員辞職を強く主張している。

 「言語道断。そんなナメた態度は国民が許さない。あの人はもう辞めた方がいい。上西氏を批判し続ける」

 橋下氏は1日、市役所で記者団にこう怒りをぶちまけた。

 関係者によると、上西氏は2015年度予算案が採決された3月13日の衆院本会議を体調不良のため欠席。翌14日は療養し、15日に旅行したと周囲に説明している。週刊文春4月9日号は「ホワイトデー温泉旅行疑惑」と報じている。

 維新の松野頼久幹事長は「現段階で処分は考えていない」というが、有権者は納得するのか。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。