アスリート勢、続々当選 マラソン・松野氏 ボクシング・清水氏 統一地方選

2015.04.13


熊本県議選で初当選を決めた松野明美氏=13日未明、熊本市【拡大】

 選挙のたびに、知名度を生かして票を獲得するタレント議員。12日投開票の統一地方選前半戦では、元スポーツ選手の当選が目立った。選手から“センセイ”に転身しても活躍できるのか。

 「ようやくフルマラソンのスタートに立てた。これからは県議として、一生懸命頑張りたい」

 熊本県議選でトップ当選を果たした、元マラソンランナーでタレントの松野明美氏(46)はこう語った。

 2010年に熊本市議に初当選し、2期を務めた。今回、県議への転身を目指し、無所属で立候補。子育て支援の充実や、県民の健康寿命アップを目指した「1人1スポーツ」運動を唱え、見事当選した。

 松野氏は1988年のソウル五輪で1万メートルの代表選手となり、その後、マラソンに転向した。92年に当時の日本記録を上回るタイムをたたき出し、記者会見で「(バルセロナ)五輪に出たらメダルを取れる」「どうぞ選んでください」とアピールしたが、最後の3人目に選ばれたのは、銀メダルを獲得した有森裕子氏だった。

 現役引退後は、指導者やタレントとして活動。バラエティー番組などでのハイテンションぶりで注目を集めた。

 スポーツ界からは他にも、青森県議選で大相撲の元関脇、追風海(はやてうみ)の斉藤直飛人(なおひと)氏(39)が、昨年9月の補選に続いて再選を決めた。

 さいたま市議選では、地元のJ1浦和レッズや日本代表でゴールキーパーを務めた、都築龍太氏(36)が初当選。

 福井県議選では、世界ボクシング協会(WBA)元スーパーフライ級世界王者の清水智信氏(33)が、企業誘致による若者の雇用拡大、引退したスポーツ選手の農林水産業への就業支援などを公約に掲げ、初当選した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。