秘密裏に作られた村山談話の「闇」に迫る 作成経緯を検証するPT発足 (1/2ページ)

2015.04.15


村山元首相が発表した「村山談話」の作成過程が注目されている【拡大】

 20年前の8月15日、当時の村山富市首相が戦後50年の節目に発表した「村山談話」の作成経緯を検証するプロジェクトが立ち上がった。歴代内閣が踏襲している談話だが、「謝罪ありきで、理論的裏付けもなく、秘密裏につくられた」という批判も多い。プロジェクトチームを率いる、次世代の党の和田政宗参院議員(40)に聞いた。

 「今年夏、安倍晋三首相は『戦後70年談話』を発表する。現在、有識者会議で検討が進められているが、70年談話発表の前に村山談話のひどさを明らかにしたい」

 和田氏は語った。慶大卒、NHKアナウンサーを経て、2013年に参院議員(宮城選挙区)に初当選した1回生だ。

 検証チームは、和田氏と田沼隆志前衆院議員、拓殖大学の藤岡信勝客員教授、「論破プロジェクト」の藤井実彦代表らで発足。今後、同志を募っていくという。

 村山談話は95年の終戦記念日に、村山氏が「植民地支配」と「侵略」を認めて謝罪した談話。歴史認識問題で、日本政府の公式的立場とされ、現在も中国や韓国に“利用”されている。だが、事前に有識者会議などは開かれていない。

 和田氏は「村山談話はいわば『だまし討ち』だ。私は、村山内閣の運輸相だった、わが党の平沼赳夫代表に、閣議決定時の話を聞いた。平沼氏は『閣議でいきなり談話案が出されて、署名せざるを得なかった。拒否すれば自分のクビどころか、自社さ連立政権自体が吹っ飛ぶかもしれないという恐怖にかられた』と話していた」という。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。