幸福実現党・釈党首が靖国神社を参拝「戦後の総決算をなすべき時」

2015.04.22


幸福実現党の釈量子党首【拡大】

 幸福実現党の釈量子党首は21日、春季例大祭開催中の東京・九段北の靖国神社を参拝し、「感慨ひとしおで、強い思いをもってお参りさせて頂きました」と述べ、こう続けた。

 「大戦のことを知っている方が亡くなられてきている。戦後70年の安倍晋三首相談話でさまざまな動きがありますが、自虐的な流れを払拭して、日本の誇りを取り戻すラストチャンスが今年です。どのような談話を出すのかを中心に、戦後の総決算をなすべき時かと感じています」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設についても「(辺野古移設反対が)沖縄の民意と仰ってますが、全員がそういうご意見をもっているわけではない。投票率を考えても少人数の方々が翁長雄志知事の意見を支えていると言わざるを得ない。その知事が、どこまで中国と関係を深めていこうとしているのか。翁長知事におかれては、沖縄の自由を失わせるような、危険にさらすようなご発言はお考えになるべきではないかと思います」と語った。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。