『無責任な批判』『レッテル貼り』には断固反論する 安倍首相独占インタビュー  (1/4ページ)

2015.05.07


安倍晋三首相【拡大】

 安倍晋三首相が、夕刊フジの独占インタビューに応じた。日米同盟の強化が確認されたオバマ大統領との日米首脳会談や、リンカーン記念館見学の秘話、日本の首相として初めてとなる米議会上下両院合同会議での演説などを、米国からの緊急メールも交えて答えた。さらに、ゴールデンウイーク(GW)後に本格化する安全保障法制整備の真意や、中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への対応、超能力者のユリ・ゲラー氏との意外な関係などについて、一気に語った。

 ──訪米の手応えは

 「日米の新たな時代の幕開けを象徴した訪問だといえる。日本の首相として9年ぶりの公式訪問であり、オバマ大統領との首脳会談だけでなく、大統領主催の公式晩餐(ばんさん)会、バイデン副大統領やケリー国務長官ら、連邦議会からも、心のこもった歓迎を受けた。感謝したい。日米防衛協力のための指針(ガイドライン)を18年ぶりに改定し、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)も最終局面に向けて大きく前進した。オバマ大統領とは、日米で平和と繁栄に満ちあふれた世界をつくろうという夢を確認し合った。胸襟を開き、あらゆる課題について、じっくり話し合えた。後世の人々が『あのホワイトハウス中庭での記者会見から、日米関係は変わった』と語るような歴史的会談だった」

 ──米議会上下両院合同会議での演説は世界でも注目された

 「日米両国は『自由』『民主主義』『人権』『法の支配』といった基本的、普遍的価値観を共有している。演説では、戦後の日本が、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻んできたことを示したうえで、今後も『アジア太平洋をはじめ、世界の平和と繁栄に指導的役割を果たしていく』という、強いメッセージを発信することができた。日米同盟を『希望の同盟にしていこう』と訴えた。議員の方々は何度も立ち上がり、大きな拍手で支持を表明してくれた。演説終了後も、しばらく拍手が鳴り止まなかった。日米の絆は強化された」

 ──祖父の岸信介元首相も米議会で演説した

 「祖父は1957年6月、同じ議場に立った。私は当時3歳で覚えていないが、とても感慨深い。今回の演説冒頭、祖父の『日本が世界の自由主義国と提携しているのも、民主主義の原則と理想を確信しているからだ』という演説の一部を引用した。民主主義国家としての歩みが成長と繁栄につながったことを伝えるとともに、日米両国が共有する価値観をもう一度かみしめ、世界に根付かせるべきだと思ったからだ」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。