『無責任な批判』『レッテル貼り』には断固反論する 安倍首相独占インタビュー  (4/4ページ)

2015.05.07


安倍晋三首相【拡大】

 ──外遊が続いているが、政府専用機ではどう過ごしているのか

 「行きは会議や会談の事前勉強や打ち合わせで、かなり時間を取られる。帰りは休む場合が多い。移動が長いと体が硬くなるので体操はよくする。竹下登元首相が、父(安倍晋太郎元外相)に教えてくれた『真向法(まっこうほう)体操』をやっている。あと、ユリ・ゲラー氏に教えてもらった体操もいい」

 ──超能力者の?

 「以前、ゲラー氏と会ったときに、『腰が痛い』と相談した。ゲラー氏が『私に任せろ』というので、超能力で治してくれるのかと思ったら、別室に連れて行かれて、猫が背伸びをするような体操を教えられた。『えっ、超能力じゃないの?』と意外だったが(笑)、効果は抜群だ」

 ──新春特別号のインタビューでは、愛犬ロイ君が、麻生太郎副総理兼財務相の自宅前でオシッコをした話が注目された

 「あの後、麻生さんに『知らなかったぞ。そういえば少し臭ったかな』と言われた(笑)。ロイは最近、年をとって反応が鈍くなってきた。ただ、外遊から戻ると、玄関まで飛んでくる」

 ──後半国会の意気込みを

 「日本では、戦後つくられた多くの制度が限界を迎えている。今国会は『改革断行国会』であり、安全保障法制の整備とともに、農業や医療、教育などの岩盤規制を改革していく。経済も日経平均株価が2万円までくるなど、15年続いたデフレ・マインドは変わりつつある。株高は、家計の金融資産を50兆円増やし、公的年金の累積運用益を35兆円にするなど、国民の方々の生活にも確実にプラスになっている。内閣一丸となって改革を進めていく」

 ◇おことわり 今回の特別インタビューは、訪米時の部分はメールで、それ以外は、訪米前に首相官邸で行った。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。