「路チュー」中川政務官に民主が“因縁刺客” 「王国」の北海道11区

2015.05.16


「路チュー」醜聞を引きずる中川政務官【拡大】

 同僚議員との「路チュー」が激写された自民党の中川郁子(ゆうこ)農水政務官(56)の地元・北海道11区(帯広市など)に、民主党が「因縁の刺客」を立てる可能性が出てきた。収支報告書虚偽記入事件で有罪判決が確定した、石川知裕元衆院議員を先月末、復党させていたのだ。

 「次期衆院選で、野党を結集して反自民の候補として戦うには、民主党がベストだと判断した」

 石川氏はこう語り、北海道11区からの立候補を目指すと明言した。公民権停止中のため、立候補できるのは2017年10月以降という。

 同区は、中川氏の亡義父である中川一郎元農相や、亡夫の中川昭一元財務相が守ってきた地盤で「中川王国」と呼ばれる。石川氏は地元活動に熱心といわれ、路チュー醜聞で地元の人気が急落している中川氏にとっては強敵といえそうだ。

 石川氏は、小沢一郎氏(生活の党と山本太郎となかまたち共同代表)の元秘書。05年衆院選で、民主党公認で北海道11区から出馬して昭一氏に敗れたが、07年3月、比例北海道ブロックの繰り上げで初当選した。

 小沢氏の資金管理団体「陸山会」の事件で10年1月、東京地検特捜部に逮捕され、民主党を離党。新党大地から出馬した12年衆院選では北海道11区で敗れたが比例復活した。一、二審で有罪判決を受け、13年5月に議員辞職。14年9月に最高裁が上告を棄却し、「禁錮2年、執行猶予3年」の有罪判決が確定した。

 「有罪確定」と「路チュー」の激突となれば、有権者は厳しい選択を迫られそうだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。