旧海軍出身者が引き受けた「肉弾掃海」 復興を助けた自己犠牲の精神 (1/2ページ)

2015.05.27


青森県・陸奥湾で特別訓練を行う掃海艇【拡大】

 「人の命1万円で買います」

 こんな見出しが新聞に登場したのは終戦の年(1945年)の冬だった。港が使えるようにならなければ復興は始まらないが「安全宣言」を出すまでに一体あとどれくらいかかるのか見当もつかず、休日返上でひたすら掃海作業を進めている最中のことだ。

 「試航船乗員募集」

 新聞記事はそう続く。「試航船」とは自ら危険海面を航海し、触雷することで機雷を処分しようというものであった。この特攻さながらの試みは「肉弾掃海」と呼ばれ、破格の待遇と別途危険手当1万円が付けられた。

 しかし、誰もが貧しかった時代とはいえ、いくら高額な手当が付いても、戦争が終わったというのに自ら機雷に当たりに行こうという者は民間にはいなかった。まして、民間船は戦時中に多くの犠牲者を出した経験もあり、労働組合が力をつけていたことから、結局、この危険な仕事を引き受けたのは旧海軍出身者たちだったのだ。

 一度は国に捧げた身、水漬く屍(みづくかばね=海行かばの一節)となる覚悟はあったものの、すでに世の中が手のひらを返したように平和を謳歌(おうか)し、御国のために死ぬなんてバカげているといった空気が生まれていたころである。誰もが躊躇(ちゅうちょ)しなかったと言えば嘘になるだろう。しかし、「やはり俺たちがやらねば」と立ち上がった人たちがいたのだ。

 当時の回顧録には「多くの戦友が眠る海に、もう一度行かねばならぬ」とある。日本の価値観はガラリと変わったが、実際に復興を助けたのはこうした自己犠牲の精神だったのだ。日本人はあたかも自然に国が立ち直ったかのように思っているようだが違うのだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。