作家・竹田恒泰氏、大混乱の国会を斬る 「野党は提言型政党になれ」 (1/2ページ)

2015.06.14


衆院厚生労働委員会に臨み、野党議員らにもみくちゃにされる渡辺委員長=12日午前【拡大】

 衆院厚生労働委員会は12日、渡辺博道委員長(自民党)が労働者派遣法改正案の質疑終了を宣言したことに、民主党はピケを張るなどの審議妨害で徹底抗戦し、大混乱した。渡辺氏が首などを負傷する“事件”も勃発した。民主、共産両党は、安全保障関連法案を審議する衆院平和安全法制特別委員会まで審議拒否した。旧態依然とした国会について、明治天皇の玄孫である、作家の竹田恒泰氏に聞いた。

 「審議拒否して、国民は『野党はよくやった』と思うでしょうか。国民が望んでいるのは、そんなことではなく、もっと実質内容に踏み込むことです」

 竹田氏はこうあきれた。旧皇族・竹田家に生まれ、現在、作家や大学講師として活躍する。

 労働者派遣法改正案について、民主党は「一生涯派遣の労働者が増える」と反対し、政府側は「若者が正社員になるための橋渡しを期待している」と強調。自民、公明両党は当初、12日の採決を予定していたが、民主、共産両党の反発に配慮して来週へ先送りした。

 竹田氏は安全関連法案の審議への影響を心配する。

 「ここ1、2年で、前例がないくらい、日本をめぐる安全保障環境は悪化しています。中国は太平洋や東シナ海の支配を狙っている。南シナ海では岩礁を軍事基地化し、米国との対立が鮮明になっている。これに対し、日本がどうしなければならないのかを議論すべき時なのに…。国会は何をしているのでしょうか」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。