安保法案、舞台は参院へ 焦点は維新の動向 存在感示すか、党分裂か

2015.07.17


参院の審議で松野頼久氏率いる維新の動向が注目される【拡大】

 安全保障関連法案は16日午後、衆院を通過し、与野党攻防の舞台は参院に移る。円満な法案成立を目指したい政府・与党にとって、衆院で不調に終わった維新の党との協議がどう推移するかは、大きな焦点になりそうだ。

 「(維新との協議は)引き続いてやりたい。維新も『ぜひ、そうしたい』ということなので、続けさせていただく」

 自民党の高村正彦副総裁は16日の衆院通過後、記者団にこう強調した。

 維新の片山虎之助参院会長も「今の政府案のままでは問題があるので、維新の考え方を入れて直してもらいたい。そうすれば場合によっては賛成できる」と語り、協議に前向きな姿勢を示した。

 衆院段階でも与党は、「強行採決」との批判をかわすために、維新の採決出席に期待を寄せてきた。しかし、維新は対案の一部を民主党と共同提出するなど対応が揺れ続け、与党は最終的に「腰の定まらない維新」(自民党ベテラン)に見切りをつけた経緯がある。

 とはいえ、与党だけで押し切ったイメージが今後もくすぶり続ければ、内閣支持率の低下に拍車がかかりかねない。

 政治評論家の浅川博忠氏は「参院で維新の協力を得ることができれば、『単独採決』批判はいくぶん緩和されるだろう。ただし、採決にどう臨むかという段階になったとき、維新は、与党協調の『大阪系』と、野党共闘重視の『非大阪系』の分裂含みの局面を迎えかねない。安倍晋三首相は『野党分断』と『維新分裂』の両方を狙って仕掛けている」と分析する。

 「責任野党」としての存在感を示すか、それとも党分裂か−。参院での審議は維新にとっても正念場になりそうだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。