戦後70年談話 中国に配慮、韓国ほぼ“無視” 記述に濃淡、背景は… (1/2ページ)

2015.08.15


中国をより配慮した70年談話を発表した安倍首相。韓国の朴槿恵大統領は“無視”された格好だ【拡大】

 安倍晋三首相が14日に発表した戦後70年談話には、「侵略」「植民地支配」「おわび」「反省」のキーワードが盛り込まれ、中国や韓国に一定の配慮を示した格好となった。ただし、両国に対する書きぶりには微妙な濃淡がある。中国を念頭に置いた表現が頻繁に登場する半面、韓国に対してはほぼ“無視”ともとれる記述なのだ。慰安婦問題などに固執する朴槿恵(パク・クネ)大統領を突き放したともいえそうだ。

 「アジアの国々をはじめ、多くの国々と共に未来への夢を紡ぎ出すための基盤にしたい」

 安倍首相は、談話を発表した14日の記者会見でこう強調した。

 談話発表を受け、オバマ米政権は同日、第2次大戦に対する反省と歴代政権の談話継承が表明されたことを「歓迎する」との声明を発表した。

 米国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官は声明で「日本が世界の平和と繁栄への貢献を進める意思」を確認したとの見解を示し、「70年間、平和と民主主義、法の支配に取り組んできた実績はあらゆる国の模範だ」と評価した。

 談話の中身を詳細に見ていくと、中国への強い配慮がにじんでいることが分かる。

 首相談話に関する有識者会議「21世紀構想懇談会」の報告書では、委員の多数意見として「満州事変以降、大陸への侵略を拡大」と明記されたが、談話でも「満州事変」という固有名詞に言及した上で、その後の日本が「進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました」とした。

 さらに「中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず、食糧難などにより、多くの無辜(むこ)の民が苦しみ」「戦争の苦痛を嘗(な)め尽くした中国人の皆さん」といった記述も続いた。

 一方、韓国を念頭に置いたとみられる表現は、これほど手厚くはない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。