護憲派が犯した救いがたい過ち 良識あれば法案は大幅修正されていた 潮匡人氏 (1/2ページ)

2015.09.17


安保法案に反対する集会=国会前【拡大】

 安全保障関連法案の国会審議が緊迫してきた。参院特別委員会は16日午後、横浜市で地方公聴会を開いた後、同日午後6時から、締めくくりの総括質疑を開催。与党は16日夜か17日に採決し、18日までに参院本会議での可決・成立を目指している。これに対し、法案に反対する野党は内閣不信任決議案などの提出も含め、徹底抗戦する構えだ。早大法学部卒業後、航空自衛隊に入隊、航空総隊司令部や長官官房などで勤務し、3等空佐で退官。安全保障問題に精通する、評論家で拓殖大学客員教授の潮匡人氏が緊急寄稿した。

 安保法案が今週採決される。この法案は多くの課題を残す。本来、「シームレス」(=切れ目のない)な法制のはずが、例えば、新たに整備される「国際平和支援法」に基づき自衛隊を派遣する際、国会閉会中や衆院解散時でも、国会の「事後承認」を認めないなど「切れ目」を残した。

 参院平和安全法制特別委員会は8日、参考人質疑を実施した。与党推薦の神保謙参考人(慶応大准教授)が、以下のように述べた。

 「安保法案をめぐる最大の論点は、この法案がシームレスな安全保障体制を確保できているかどうかということにある。その点に関し、私は研究者という立場から、この法案は十分でないと考えております」

 そのとおり。これが今国会中、最も鋭い批判となった。本来なら、野党やマスコミが指弾すべき問題点だ。現状より多少改善する程度なのだ。

 ところが、護憲派はそう考えない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。