橋下氏、維新残留組を“守銭奴”呼ばわり 政界復帰の可能性もにじませ

2015.10.02


新党結成を表明する橋下氏(左)と、大阪府の松井一郎知事=1日夜、大阪市内【拡大】

 大阪市の橋下徹市長(46)が、離党した維新の党に対し、痛烈な批判を炸裂させた。維新の党を「偽物の維新になった」と罵倒し、松野頼久代表らが、政党交付金を分配する「分党」を拒否していることについて、「金にガメつい人は、じき消滅しますよ!」などと“守銭奴”呼ばわりしたのだ。

 注目の記者会見は1日夜、大阪市内のホテルで開かれた。

 橋下氏はまず、今月中に、新党「おおさか維新の会」を結成すると正式表明した。東京の一極集中を是正するため、大阪を「副首都」とする構想を明らかにし、「地方分権の国に変える」と新党結成の意義を語った。5月に頓挫した「大阪都構想」への再挑戦も掲げ、11月22日投開票の大阪府知事選、大阪市長選のダブル選での勝利を目指すという。

 このあたりから、橋下氏のボルテージが上がってきた。

 松野氏らが、新党側が求める「維新」の名称の返上や、分党を拒んでいることについて、「名前からお金から全部ガメるんだったら、そんな人たちに改革なんてできるわけない。そんな人たちに任せようなんて、有権者は思わない!」と切り捨て、「(自分たちは)目の前のお金なんか一切こだわらない。お金、名前、全部くれてやったらいいんです」と言い切ったのだ。

 酷評された松野氏らは、どう対応するのか?

 政界屈指の突破力を誇る橋下氏はこの日も、市長任期が満了する12月に政界を引退することを明言した。ただ、引退後について「私人なので自由にさせてもらう」といい、将来の政界復帰の可能性をにじませた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。