共産党、安保法廃止目的の「連合政府」構想は大丈夫? 党綱領と論理矛盾も (2/2ページ)

2015.10.20


志位委員長は、野党の連立政権「国民連合政府」構想を提案した【拡大】

 確かに、共産党ナンバー4の政策委員長を務めた、筆坂秀世元参院議員の著書『日本共産党と中韓』(ワニブックス)には、「二転三転し続ける日本共産党」という章が設けられ、憲法や自衛隊などで転換してきた同党を歴史が綴られている。

 石平氏は、共産主義と立憲主義について、説明する。

 「共産党が政権を獲れば必ず独裁になり、立憲主義を破壊してしまう。国民が気付いたときにはすでに手遅れで、回復はまず不可能だ。その悲惨さは、中国や北朝鮮などの現状を見れば明らかだろう。これらの国で、国民の自由や人権が保障されているのか。おぞましい人権弾圧が行われていないといえるのか。日本が、中国や北朝鮮のようになりたくないのなら、共産主義者の甘言にダマされるなと言いたい。日本人はそれほど愚かではないと信じている」 (ジャーナリスト・安積明子)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。