応援演説で「橋下節」炸裂 大阪市長選告示、新人4氏の争い始まる

2015.11.09


大阪市長選の応援演説に立った橋下氏=8日、大阪市内【拡大】

 大阪市長選が8日告示され、「ポスト橋下」をめぐる新人4人の壮絶な戦いが始まった。ともに22日に投開票される大阪府知事選との「大阪ダブル選挙」に完勝しなければ、橋下徹市長が結成した国政政党「おおさか維新の会」の存亡に直結しかねない。やはり、橋下節が炸裂した。

 「(自分の知事、市長としての約8年間が)絶対的に正しいわけではないが、自民党や民主党、共産党のやってきたデタラメな税金の使い方よりもマシ」「自民党と共産党が連合した市長が誕生したら大阪は終わりだ」

 橋下氏はJR大阪駅前で、大阪維新の会の元衆院議員、吉村洋文氏(40)の応援演説に立ち、こう訴えた。吉村氏は二重行政解消を掲げ、5月の住民投票で否決された「大阪都構想」再挑戦を訴えている。

 これに対し、自民党推薦を得て無所属で立候補した新人の柳本顕氏(41)は「独裁者にこの大阪を任せるわけにはいかない。まして、独裁者の傀儡に大阪を任せることはできない」と第一声を上げ、維新政治からの転換を呼びかけた。

 報道各社の世論調査では、柳本氏と吉村氏が「接戦」で、柳本氏がややリードしているとみられている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。