【安倍外交の課題】日中韓首脳会談を優位に進めた「戦略的思考」とは何か (1/2ページ)

2015.11.10


日中韓首脳会談では勝利を収めた安倍首相(ロイター)【拡大】

★(1)

 安倍晋三首相は、昨年10月に亡くなった元駐タイ大使の岡崎久彦氏から「戦略的思考とは何か」の薫陶を受けていたと聞く。岡崎氏は、集団的自衛権の行使容認の重要性を説き続けた張本人である。戦略的思考とは「日本が戦争に巻き込まれないように抑止力を高めること」(岡崎氏)にある。

 安倍政権は、日米ガイドライン再改定に続き、安全保障関連法を成立させ、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の大筋合意にこぎ着けた。これで日本は圧倒的な米国の後ろ盾を確実にした。

 それを裏付ける出来事が、今月1、2日、韓国・ソウルで開催された日中韓首脳会談と日中首脳会談、日韓首脳会談に合わせて出現した。

 米軍はこの前後、東アジアに、原子力空母「ロナルド・レーガン」と、「セオドア・ルーズベルト」を同時展開させた。南シナ海で岩礁を埋め立てて軍事基地化している中国への牽制−という見方もあるが、安倍首相の交渉を有利にさせる、無言のにらみでもあった。

 まさに、「軍事力は外交の延長である」(クラウゼヴィッツ=プロイセンの軍事学者)だ。

 しかも、日韓首脳会談が行われた2日には、カーター米国防長官がソウル入りした。オバマ米大統領は「対中抑止を確実にするには、日韓関係の改善は不可欠」と考え、日韓両首脳を今年、ワシントンに招待し、双方に働きかけていた。

 日米の戦略は、中国にバンドワゴニングする(すり寄る)韓国を引き戻し、日米韓同盟を強化することにある。日米にとって朝鮮半島の戦略的価値は非常に高い。米国は戦後、共産主義から日本を守るために朝鮮半島に韓国をつくり、朝鮮戦争を中国と戦った。

 韓国は、日米にとって共産主義勢力からのバッファゾーン(砦)であったし、現在も戦略上重要な地位を占める。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。