PAC3、沖縄へ 輸送艦「おおすみ」が広島・呉を出向

2016.02.04

 地対空誘導弾パトリオットを積み、海上自衛隊呉基地を出港する輸送艦「おおすみ」=4日午前、広島県呉市
 地対空誘導弾パトリオットを積み、海上自衛隊呉基地を出港する輸送艦「おおすみ」=4日午前、広島県呉市【拡大】

  • <p> 地対空誘導弾パトリオットを積み海上自衛隊呉基地を出港、瀬戸内海を航行する輸送艦「おおすみ」=4日午前9時42分(共同通信社ヘリから)</p>
  • <p> 地対空誘導弾パトリオットを積み、海上自衛隊呉基地を出港する輸送艦「おおすみ」=4日午前、広島県呉市</p>
  • <p> 海上自衛隊呉基地を出港し瀬戸内海を航行する輸送艦「おおすみ」。艦上には多数の車両が積まれていた=4日午前9時44分(共同通信社ヘリから)</p>

 北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射通告を受け、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を積んだ海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」が4日午前、配備先の沖縄県に向け、広島県呉市の海自呉基地を出港した。

 同日夜、輸送艦「くにさき」も出港する予定。北朝鮮は地球観測衛星を8日から25日の間に打ち上げると通告しており、2隻は数日中に沖縄に到着する見通し。

 「おおすみ」では夜明け前から隊員らが準備を進め、アナウンスの中、機材を積んだ深緑色のトラックが艦内に入り、PAC3が運び込まれた。午前8時50分ごろ、ラッパが鳴り響き、陸上から数人の隊員に見送られながら港を離れた。

 ミサイルは沖縄県・先島諸島周辺の上空を通るとみられ、防衛省はPAC3を同諸島の宮古、石垣両島に設置する方針だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。