慰安婦問題、今後も発信 国連委後に杉山外務審議官

2016.02.17

 杉山晋輔外務審議官は16日、国連女性差別撤廃委員会の対日審査会合終了後にジュネーブで記者会見し、旧日本軍の従軍慰安婦問題などについて、日本政府の立場を今後も国際社会に情報発信していく考えを示した。

 会合では慰安婦や夫婦別姓など女性に関する幅広い問題を議論。杉山氏は、傾聴すべき指摘もあった一方で「かなり誤解に基づいた発言もあった」として、誤解を解く努力が必要だと述べた。

 慰安婦問題については「日韓両政府が昨年12月の合意を実行すべく取り組んでいるところであり、その姿勢に全く変化がない」と強調し「韓国政府も私と同じような考えを持ってくれていることを心から期待している」と訴えた。

 杉山氏は16日の会合で、慰安婦問題について「政府が発見した資料には、軍や官憲による強制連行を確認するものはなかった」などと説明した。(共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。