民主が維新を吸収合併へ 党名は「立憲民主党」? 3月にも結党大会

2016.02.23

民主党の岡田克也代表(左)、維新の党の松野頼久代表
民主党の岡田克也代表(左)、維新の党の松野頼久代表【拡大】

 民主党と維新の党が合流に向けた、党内手続きに着手した。民主党が維新を吸収合併する案が有力で、「立憲民主党」などへの党名変更も検討されている。夏の参院選を見据えて、今後、新党協議会を設置して詳細を詰めるという。

 民主党の岡田克也代表は23日午前の非公式の幹部会合で、維新との合流を受け入れる案を提示し、大筋で了承を得た。岡田氏は3月中に結党大会を開きたいとの考えを示した。維新の松野頼久代表も同日の執行役員会で「新党をつくることをお諮りしたい」といい、合流を提案した。

 両党が合流すれば、衆院は計93人(副議長含む)の勢力となる。参院は民主党59人(同)、維新5人だが、吸収合併の場合、国会法の規定で、旧みんなの党の比例代表で当選した維新5人は参加できない。無所属となって新党会派に入る案が有力となっている。

 「立憲民主党」という党名案は、安全保障法制を「憲法違反」と批判する立場から、立憲主義を旗印とする姿勢を示した。「立憲」が付いた政党としては、明治期の「立憲改進党」や「立憲政友会」などがある。

 ただ、維新内には吸収合併への反発が根強いうえ、民主党内にも党名変更への批判がある。

 報道各社の世論調査でも、両党の合流には厳しい声が多い。

 産経新聞・FNN(フジニュースネットワーク)が22日公表した調査結果では、新党構想について「期待しない」63・1%、「期待する」32・5%。共同通信が21日配信した結果では、「1つの党になる必要はない」65・9%、「なった方がよい」20・9%だった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。