自民、7月衆参ダブル選へ“肉食決起”? 高級ステーキ店に政権幹部が勢ぞろい (1/2ページ)

2016.02.26

安倍首相(右)は麻生氏(左)、二階氏らと何を話し合ったのか
安倍首相(右)は麻生氏(左)、二階氏らと何を話し合ったのか【拡大】

  • <p>二階俊博総務会長</p>

 安倍晋三首相は25日夜、麻生太郎副総理兼財務相や、二階俊博総務会長らと、東京・銀座の高級ステーキ店で会食した。民主党と維新の党の合流が報じられるなか、政権中枢の面々と「パワーの源」を堪能した理由とは。「消費税増税の延期」を掲げた、7月の衆参ダブル選への作戦会議が行われた可能性がある。

 注目の会談が行われたのは、ステーキ店「かわむら」。完全予約制で、カウンター席で味わう極上の和牛が自慢という。1人数万円以上とされる超高級店だ。

 麻生、二階両氏に加え、安倍首相の側近である加藤勝信1億総活躍担当相、佐藤勉国対委員長、河村建夫衆院議院運営委員長も出席しており、政権の主要幹部が勢ぞろいした格好だ。

 安倍首相は今月に入り、消費税増税をめぐる答弁を微妙に“変化”させている。

 これまで、「リーマンショックや大震災のような重大な事態が発生しない限り、確実に実施する」と答弁してきたが、24日の衆院財務金融委員会では「重大な事態とは、背景に世界経済の大幅な収縮が実際に起こっているかどうか。その時の“政治判断”で決める」と語り、増税延期の可能性に踏み込んだ。

 その先にあるのは、憲政史上3度目のダブル選とみられる。

 民主党と維新の党の合流が決まり、野党結集が進みつつあるなか、衆参同日選に打って出ることで選挙組織をフル回転させ、「政権選択」をアピールして主導権を奪うという見立てだ。野党新党に「旧民主党の再結集」という色彩が濃くなってきたことも関係ありそうだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。