【馬淵澄夫 俺がやらねば】ダブル選の公算大…その前に代表選を まずは4月の補選2勝に全力 (1/2ページ)

2016.02.27

民主党の岡田克也(右)、維新の党の松野頼久両代表は、他の野党にも合流を打診する意向だ
民主党の岡田克也(右)、維新の党の松野頼久両代表は、他の野党にも合流を打診する意向だ【拡大】

 民主党と維新の党が合流し、来月中に新党を結成することになった。私はかねてから「野党結集」を主張してきた。どんな形であれ、野党結集に向けた一里塚として一つの塊(かたまり)をつくることは評価したい。

 ただ、現時点では大きな方向性が決まっただけであり、今後、紆余曲折も予想される。維新の党の党内手続きでは、一般党員や地方議員の声が重要となるため、まだ予断は許さない。

 一方、このような状況を見て、安倍政権は衆院解散を打ってくる公算が大きい。総選挙は、遅くとも7月の衆参ダブルだろう。

 解散のハードルとなるのが「1票の格差」是正と議員定数削減の問題だ。約束した定数削減をせず、かつ違憲状態のまま再度の解散を打つことには批判が強い。

 安倍晋三首相は、今国会中に衆院の定数を10削減する法案を成立させようと急いでいる。これは有識者会議の答申を無視し、憲法違反という批判を免れるためだけの「見せかけ」でしかないが、衆院解散のフリーハンドを握るためのものだ。

 また、政府・自民党は、参院選を7月10日投開票とする場合、沖縄「慰霊の日」に当たる6月23日の公示を避けようと、17日間の選挙期間を延長する方向で検討に入っているという。

 参院選の投票日を後ろ倒しするという選択肢もある中、7月10日の投票日にこだわり、選挙期間延長という異例の対応をするのも、ダブル選を見据えた動きとみていい。会期末の6月1日に解散する場合、ダブル選が可能な投開票日は7月10日しかないからだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。