【SEALDs高校生版デモ】「安倍はやめろ」と呼び捨て 「私は言いたい」と紋切りフレーズ (1/2ページ)

2016.02.28

高校生グループ「T−nsSOWL」が主催した安全保障関連法に反対するデモ=21日夕、東京・渋谷(田中一世撮影)
高校生グループ「T−nsSOWL」が主催した安全保障関連法に反対するデモ=21日夕、東京・渋谷(田中一世撮影)【拡大】

  • <p>高校生グループ「T−nsSOWL」が主催した安全保障関連法に反対するデモ=21日夕、東京・渋谷(田中一世撮影)</p>
  • <p>高校生グループ「T−nsSOWL」が主催した安全保障関連法に反対するデモ。山口二郎法政大教授(中央)は街宣車上で、高校生らに連帯を呼びかけた=21日夕、東京・渋谷(田中一世撮影)</p>
  • <p>高校生グループ「T−nsSOWL」が主催した安全保障関連法に反対するデモ。山口二郎法政大教授(左端)も参加し、高校生らに連帯を呼びかけた=21日午後、東京・渋谷(田中一世撮影)</p>
  • <p>高校生グループ「T−nsSOWL」が主催した安全保障関連法に反対するデモ=21日夕、東京・渋谷(田中一世撮影)</p>
  • <p>高校生グループ「T−nsSOWL」が主催した安全保障関連法に反対するデモ。中高年の参加者が目立った=21日夕、東京・渋谷(田中一世撮影)</p>

 安全保障関連法に反対する高校生グループ「T−nsSOWL」(ティーンズソウル)が21日夕、全国各地でデモ活動を行った。東京・渋谷では数百人が1時間かけて繁華街を行進し、安倍晋三首相を呼び捨てにしながら政権打倒を訴えるシュプレヒコールを上げた。安保関連法に反対し、野党の応援を公言している大学教授も駆けつけ、高校生らに連帯を呼びかけた。だが、高校生らしき若者はごく一部だけ。反安倍政権の大人が高校生を利用しているかのような構図のデモだった。

 「戦争反対!」「戦争したがる総理はいらない!」「憲法読めない総理はいらない!」「安倍晋三から日本を守れ!」「安保法制絶対反対!」「安倍はやめろ!」

 ティーンズソウルの高校生はこのようなラップ調の音頭を取り、参加者らはシュプレヒコールを繰り返した。主張の内容は、安保関連法に反対する大学生グループ「SEALDs」(シールズ)にそっくりで、首相を呼び捨てにするところまで踏襲していた。

 「安倍政治の本質は何か。今この瞬間のことしか考えない。だから原発を再稼働し、若者を使い捨てる」

 行進を先導する街宣車上で最初にマイクを握り、こう主張したのは、夏の参院選で野党統一候補の支援を目指す市民団体系の組織「市民連合」の中心メンバー、山口二郎法政大教授だった。

 山口氏といえば、「安倍を叩き切ってやる」と訴える民主党のブレーン的な存在だ。山口氏は「こんな情けない日本をつくったことについて私の世代は本当は責任をとらなきゃいけない。みんなに糾弾されても仕方ない」と“反省”の弁を述べつつ、「一緒に歩いて平和と民主主義を訴えてくれて本当にありがとうございます」と謝辞も述べた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。