【伝統と創造】政治をバカにしている「民維合流」 大企業は賃上げの努力を (2/2ページ)

2016.03.03

3月に新党を結成する民主党の岡田克也代表(右)と維新の党の松野頼久代表=国会
3月に新党を結成する民主党の岡田克也代表(右)と維新の党の松野頼久代表=国会【拡大】

 そこで、現在の経済情勢を悲観的に見る向きがあるが、アベノミクスにより、日本経済は確実に再生している。しかし、道半ば、中国経済の減速や中東情勢の不安など外的要因の影響は注意深く見守る必要がある。

 一部で補正予算を求める声も出ているようだが、現時点でそういう状況にあるとは思えない。今、最優先で取り組むべきは、15年度補正予算を早急に実施し、16年度予算案を早期に成立させることだ。

 さらに、落ち込んでいる個人消費を回復させることだ。14年4月の消費税増税による落ち込みからまだ回復していない。そのために必要なことは賃金の上昇である。

 残念なことに、大手銀行などで、ベースアップの要求を見送る動きが相次いでいる。日銀のマイナス金利政策による収益悪化を懸念しているといわれているが、あまりにも過剰反応だ。

 そもそも、当座預金約260兆円のうち、マイナス金利が適用されるのは約10兆円である。一部の信用金庫では、国民の不安を払拭するために、むしろ預金金利を引き上げる動きも出ている。大企業は賃金を上げ、国民の購買意欲を高め、民間投資を増やす方向に努力してほしい。

 大切なことは金融緩和だけで日本経済は再生しないということだ。アベノミクス3本の矢の2本目、3本目もしっかり推し進める必要がある。効果のある事業に財政出動し、大胆な改革を進めることで、日本経済の潜在成長力をしっかりと上げていく骨太の政策を党内で議論していきたい。 (自民党政調会長・稲田朋美)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。