民進・山尾政調会長、不可解すぎる入金履歴 「事実確認」歯切れ悪く… (1/2ページ)

2016.04.01

多額のガソリン代計上問題が浮上した山尾氏
多額のガソリン代計上問題が浮上した山尾氏【拡大】

  • <p>山尾政調会長の政党支部ガソリンプリカ入金履歴(2012年)</p>

 民進党の「若手エース」と期待された山尾志桜里政調会長(41)に“ガソリン代疑惑”が直撃している。支部長を務める政党支部で最近、多額のガソリン代が計上されており、2012年の約230万円分は「地球5周分に匹敵する距離を走った計算になる」などと疑問視されているのだ。政治資金収支報告書によると、このうち105回、210万円分が「ガソリンプリカ入金」として処理されていた。

 「事実関係について確認しています」「まずは確認したいと思います」

 最新号の週刊新潮が報じた政治資金の疑惑について、山尾氏は3月31日、国会内で記者団にこう繰り返した。待機児童問題での切れ味鋭い追及ぶりとは違っていた。

 同誌の指摘で最も興味深いのが“ガソリン代”疑惑だ。山尾氏が支部長を務める「民主党愛知県第7区総支部」の12年〜14年の政治資金収支報告書には、約230万円、約82万円、約86万円と、かなり多額のガソリン代が計上されている。

 最も多い12年分を見ると「ガソリンプリカ入金、2万円」という記述が105回も出てくる。

 ガソリンプリカとは、山尾氏の地元・愛知県にあるガソリンスタンドが地域限定で導入しているプリペイドカード。5000円、1万円、2万円、3万円から購入でき、1リットルあたり数円の割引がある。何度もチャージが可能だという。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。