豪潜水艦「そうりゅう型」選定せず 対中配慮か 仏企業が受注 

2016.04.26

 潜水艦「そうりゅう」(海上自衛隊ホームページから)
 潜水艦「そうりゅう」(海上自衛隊ホームページから)【拡大】

 オーストラリアのターンブル首相は26日、記者会見し、次期潜水艦共同開発の相手として、潜水艦の輸出経験が豊富で原子力潜水艦を転用する案を示したフランスの企業に決めたと発表した。日本は世界最高レベルとされる海上自衛隊の潜水艦をベースにした共同開発を提案したが選ばれなかった。日本の輸出経験のなさなどが影響した可能性がある。

 日本政府は2014年4月に「防衛装備移転三原則」を新たに制定し武器輸出禁止政策を転換、戦後初めて本格的な軍事技術移転に乗り出したが、初の大型案件は安倍政権の思惑通りに進まなかった。日本政府はオーストラリアと潜水艦の相互運用を進めて日米豪の安全保障協力を深化させ、南シナ海などで海洋進出を進める中国けん制を狙ったが実現しなかった。

 アボット前首相は日本の潜水艦を求めたが、支持率低迷で昨年9月にターンブル氏と交代。中国との経済連携に積極的なターンブル首相が中国の強い反対姿勢に配慮した可能性もある。(共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。